VAIO Type U

2008年12月31日 (水)

EMONSTERを中心にモバイル環境を一新した年

2008年を振り返ってみると、イー・モバイル加入で手に入れた高速通信をいろんな形で活用したい欲求に駆られた一年でした。その欲求(物欲)にほとんど負け続けた結果、私のモバイル環境は一新(下表)。ベッドサイド専用機となっているHP Notebook nc4000以外は、すべて今年購入したものです。

今年のはじめまで、モバイル環境の中心はZaurus SL-C860bitWarp PDAのコンビでした。このコンビは、外出先でもインターネットにアクセスして色々できる便利なツールとして約4年間活躍してくれましたが、最近のインターネットのリッチコンテンツ化の流れの中では、最大128Kbpsという低速通信では、できることの限界を多く感じるようになります。

そこで、最大3.6Mbpsの高速通信に憧れて、今年の3月EM・ONEでイー・モバイルへの加入を決心しました。しかも、4月にはEMONSTERまで購入しました。このEMONSTERのBluetooth DUNがとても便利で、無線で簡単に接続できて、通信速度もウェブブラウズには十分、しかもEMONSTER側もPC側も消費電力が小さいと、モバイル用途には申し分ない便利さです。

想定外だったのは、ThinkPad T42を1月に購入後、モバイルPCとして使っていたHP Notebook nc4000の液晶のヒンジが劣化して折れてしまったことです(現在は、自立できない液晶をベットサイドで壁に立て掛けて使っています。)。結局、EMONSTERのBluetooth DUNの便利さを活用したいという欲求に負けて、VAIO Type UにEee PC 901-Xとモバイル専用にノートPCを2台も買ってしまいました。

また、モバイル関連の周辺機器についても、Bluetoothキーボード、Bluetoothマウス、Bluetooth USBアダプタなどを購入しました。他に、自宅のPC周りについて、母艦のデスクトップPCの入れ替え、1TBのNASの導入、ギガビットイーサネット対応のスイッチングハブの導入、PC切替機の入れ替えなども今年行いました。なんか一通り、PC及びその周辺機器を更新してしまった感じです。

来年こそは物欲をおさえねば・・・。

  2007年まで 2008年末現在
PDA端末 Zaurus SL-C860 EMONTER(S11HT)
通信手段 bitWarp PDA
(最大128Kbps)
イー・モバイル
(最大3.6Mbps)
携帯電話 SoftBank 705NK SoftBank 821SH
ノートPC HP Notebook nc4000
(Pen-M 1.4GHz/512MB/1.58kg)
Eee PC 901-X
(Atom 1,6GHz/2GB/1.1kg)
VAIO Type U VGN-UX50
(Pen-M 1.06GHz/512MB/0.52kg)
ThinkPad T42
(Pen-M 1.7GHz/1GB/2.25kg)
HP Notebook nc4000
(Pen-M 1.4GHz/512MB/1.58kg)
デスクトップPC
(母艦)
自作デスクトップ
(Celeron 2,4 GHz/768MB)Acer
Aspire L3600
(Core2Duo 2.66GHz /2048MB)

続きを読む "EMONSTERを中心にモバイル環境を一新した年"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

今更Eee PC 901-Xを購入 もっと早く買えば良かった!

今更ですがEee PC 901-Xを購入しました。ビックカメラで展示品が安く売っていたのでポイントを使って衝動買いです。S101が発売間近にもかかわらず、901-Xに飛びついたのは最長約8.3時間のバッテリ駆動時間に惹かれたからです。

夏に購入したVAIO Type Uは、新幹線の座席をリクライニングさせて両手で持ってネットするにはベストのPCです。軽い(約520g)ので、使うかどうか分からない時にでも、とりあえず鞄に入れて出張時に活躍しています。一方、バッテリ駆動時間が実働で約1.5時間と短いので、出先でガッツリとPCを使いたい時には心許ないものがあります。そこで、長時間駆動が可能なモバイルPCが欲しくなったのです。

本日の東京出張で、さっそく新幹線でお試し。行きに30分程、帰りに1時間20分程使ってもバッテリは60%以上残ってました。液晶の輝度を下げていたとは言え、EMONSTERを経由してBluetoothでネットをして、このバッテリの持ちは驚異的です。更に、マックで1時間30分程使いましたが、それでもバッテリは30%以上は残っており、実働で5時間は安心して使えそうです。

バッテリの残り時間を気にせずに出先でPCが使えるって気持ちいいですね。Cドライブを4Gより大きくしたのがすぐに出ると思って躊躇していたのだけど、こんなに気持ちがいいのなら安いのだからもっと早く買っておけば良かったです。

なお、新幹線では写真のようにテーブルの上に置いて、Bluetoothマウスを使ってネットをしていました。膝の上で使う場合に比べて、視線が下向きにならずに済むので快適でしたよ。

20081110

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

VAIO Type U用にBluetoothマウスを購入

Bluetoothの便利さを知ってからずっと欲しかったのですが,値段が高くてなかなか手が出せずいた憧れのBluetoothマウスを購入しました。最大の目的は,手に入れたVAIO Type U  VGN-UX50を活かすためです。

日本では選択肢の少ないBluetoothマウスですが,それでも迷った挙げ句、『Microsoft Wireless Notebook Presenter Mouse 8000』を選択しました。マウスの裏側に,プレゼン用のレーザーポインタやパワーポイントの操作ボタンが付いている面白いマウスなのですが,私の選択理由はクリック音やスクロール音が静かである点です。クリック感が少ないので敬遠される方もいるかと思いますが,会議など静かな場所での使用においては大きなメリットです。

使ってみて,他のノートPC用にもう一つ買おうかと思うくらい気に入っているマウスですが,大きな落とし穴が待っていました。

EM・ONEとEMONSTERで認識してくれない!

動作報告があがっていなかったので駄目もとで購入に踏み切ったのですが,それでもちょっとショックでした。今は別のBluetoothマウスを買おうかと思案中です。(←散財が止まらない・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月20日 (日)

活躍 VAIO Type U & Stowaway Bluetooth キーボード

本日あった試験に向けて多少は勉強していたためにVAIO Type Uの環境構築があまり進んでいません。それでも,数日でなんとかStowaway Bluetooth キーボードが使えるように最低限の設定をしておいたら(←本当はいじりたくてしかたなかった),つい先日出張の機会があり新幹線の中で活躍してくれました。

1時間程度議事メモを打ち込んだだけなのですが,ブラインドタッチができるキーボードで思うように日本語変換ができ,非常に快適な作業でした。VAIO Type Uは画面サイズが4.5型と小さいですが,文字サイズを大きくすれば議事メモの作成には問題ありません。

問題はとなるのは約1時間の作業で残量が40%を切ったバッテリ容量でしょうか。おそらく使用可能時間は1時間半くらいしか持たないでしょう。中古購入なのでバッテリは消耗しているのかもしれませんが,2時間くらいは持ってくれないと心許ないです。ただ,標準のまま使ったので,これから省電力設定を工夫してみようと思います。もっとも,快適に作業できたから,短時間で議事メモ作成が済ませられたんだけどね。

また,Bluetoorh DUNによりEMONSTER経由でインターネットも若干試してみたところ,新幹線の中でもWEBページの読み込みはほとんど滞ることがありませんでした。EM・ONEとは違ってバックグラウンドのタブに開いたWEBページも遅延なくしっかり読み込んでくれるので,複数のページをどんどんタブで開いて快適にインターネットを楽しめました。

20080720

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

VAIO Type U VGN-UX50を購入

最近立て続けにEM・ONEとStowaway Bluetooth キーボードの組み合わせで議事メモを作成する機会があったのですが,文章を作成中にストレスを感じたことから,思い切ってVAIO Type U VGN-UX50を中古で購入してしまいました。

4インチの液晶とブラインドタッチができるキーボードが手軽に持ち運べる軽さであることのメリットは大きいものの,ストレスを感じてしまったのは日本語変換です。EM・ONEにはWindows Mobileとしては最上級のATOKが搭載されているので贅沢な話なのですが,Stowaway Bluetooth キーボードがブラインドタッチで気持ちよく打てるものですから,普通のPCレベルで日本語変換を思うように操作できないことが目立ってしまったのだと思います。変換精度は決してそれ程悪くないのですが・・・。

そんな訳でUMPC級の小型PCが急激に欲しくなりました。最初に候補にあがったのはOQO model 01+でした。MOBILE DAILY NEWS blog版で何度も紹介されていた記事を読んでいて,約400gという小ささで,しかも7,8万円くらいで買えそうなのでとても気になっていました。ただ,CPUがLibretto L1で嫌な思い出(半年で手放した)のあるCrusoeである点が気がかりでした。今までの経験からCPUの性能が低くてできないことがあるというのは悲しいので,いくら小型PCでは割り切りが必要とはいえ,少しでも長く楽しく使いたい私にとってCPUの性能は重要な要素です。

そんな中で見つけたのが中古で7,8万円のVAIO Type U VGN-UX50です。こいつのCPUはCore Solo U1300 (1.06 GHz)なので小型PCとしては性能として申し分ありません。この性能でできないことがあっても諦めがつきます。重さは約520gとOQO model 01+の約400gには負けますが,他のモバイルPCと比べればダントツの軽さです。それに,SONYなのでちゃんとBluetoothが搭載されており,EMONSTERと良い関係で運用できます。2,3日悩んだすソフマップの中古の日に通販でポチッとしてしまいました。

なお,VAIO Type U VGN-UX50の出番は出張など予定が決まっている時であって毎日持ち歩くつもりはないので,軽量のEM・ONEとStowaway Bluetooth キーボードの組み合わせは,今後も予定外で必要になった時に活躍してもらうつもりです。

20080708

| | コメント (0) | トラックバック (0)