i780

2011年1月 1日 (土)

モバイル端末の現状2011元旦

昨年もやったので、1年のはじまりに、モバイル端末のメモをします。 

■現在使っているモバイル端末
メインは予定管理&ネット閲覧&PCモデム用のHTC Aria と通話&メール&新幹線予約用の821SHです。HTC Ariaは発売日翌日に機種変更で買い、Touch Diamond(S21HT)の代わりに使い始めてまだ2週間程です。それまでは、昨年5月に購入したT-01Aを予定管理&ネット閲覧のメインに使っており、Touch Diamond(S21HT)はほとんどPCモデム専用でした。昨年まで使っていたEM・ONEは解約、Samsung i780はお蔵入りしています。T-01Aは画面の小さいHTC Ariaの補完として読書や写真・動画の閲覧等に使っていますが、HTC Ariaの使い勝手が良いため使用頻度が激減しており、今後お蔵入りする可能性ありの状況です。

モバイル端末 特 徴 回線契約
HTC Aria(S31HT) イー・モバイル初のAndroidスマートフォン
(3.2型HVGA液晶、キーボードレス、約115g)
イー・モバイル
T-01A Windows Mobileスマートフォン
(4.1型WVGA液晶、キーボードレス、約129g)
b-mobileSIM U300
SoftBank 821SH いわゆる普通の携帯電話(約100g) ソフトバンク

通信費用は、イーモバイルが約4,600円/月、b-mobileが約2,300円/月、ソフトバンクが約2千円/月で、トータル約9千円/月かかっています。昨年よりも千円/月高くなっていますが、T-01Aの使い方次第でb-mobileは続けないかも。

■モバイル端末でやっていること
メイン機がS21HTからT-01A、そしてHTC Ariaへと変遷したことで変化がありました。HTC Ariaは使い始めたばかりなので、これからさらに変化すると思います。

  1. すきま時間にネット閲覧
    T-01Aでは、軽量&大きな液晶、かつ高速なCPUということで、S21HTよりもさらにウェブブラウズがメインの使用用途になりました。ブラウザは、S21HTはカーソールキーで操作していたのでNetFront Browserを主に使っていましたが、T-01Aはタッチパネル操作なのでOpera Mobileがメインとなりました。その他、2ch(q2chwm)の閲覧、GmailのIMAPでの閲覧をよくしました。
    HTC Ariaでは、ウェブブラウズ、2ch閲覧、Gmail閲覧が主な用途であることは変わっていませんが、タッチ操作ではWindows MobileひょりもAndroidのほうが使いやすいことを実感しています。使用アプリは模索中です。
  2. スケジュール管理
    T-01Aでは、タッチ操作に適したPocket Informant 9を使ってスケジュールを管理し、Exchangeサーバ(codename)と同期させて運用していました。このソフトは特に時刻の入力がやりやすく気に入っていました。
    HTC Ariaでは、現在ジョルテでスケジュールを管理し、Exchangeサーバ(codename)と同期させて運用しています。ジョルテは、Androidでは他に選択肢がないと思える程の良いアプリですが、 入力に手間がかかるところがあるので、今後に期待しているところです。
  3. モデム
    S21HTでは、T-01Aからの利用も想定して、USB PAN、Bluetooth DUN、WiFiSnap(ルーター化アプリ)での接続を可能としていたが、b-mobile U300で運用していたT-01Aで事足りることが多かったこと、新幹線ではN700系の無線LANを使うようになったことから使用頻度が低くなった。ただし、頻度は低いものの、喫茶店等の外出先で必要となるので手放せない。
    HTC Ariaでは、もちろん、Android2.2標準の無線ルーター機能を使う予定(まだ利用する機会はなし)。
  4. 調べもの
    外出先や会議中でも、思い立った時にネットで調べもの(Google検索)。
    T-01Aでは、大型液晶の視認性が良いため、さらに利用頻度があがったが、タッチ操作での文字入力がもたついたこと、b-mobile U300が低速度であることから、調べ物を躊躇することがあった。
    HTC Ariaでは、 T-01Aに比べて視認性は劣るものの、タッチによる操作性が良いため、調べ物を躊躇する機会が減っている。
  5. モバイルGoogleマップ&カメラ
    出張時の現在位置およびルート確認。
    カメラは、Evernoteと連携してメモとして使う機会が多い。

■昨年モバイル端末に期待したことの結果(私見)
「今やっていることを1台で済ませたい」 と願望と申した昨年の元旦でしたが、私自身の結果は、携帯電話(821SH)+PDA(T-01A)+モデム(S21HT)の3台体制になっておりました・・・。

ただ、Android端末に日本メーカーが国内参戦したことで、私の願望が近い将来実現しそうな予感も増してきました。昨年気になっていた着信通知のランプなど、端末の機能は従来の携帯電話(フィーチャーフォン)と変わらないところまで来たと思います。「PC接続も含めてリーズナブルな料金に」という願望だけは、スマートフォンの普及でさらに回線がひっぱくしているようなので難しそうですが・・・。

残念なのは、新幹線予約が未だスマートフォン用の予約ページを未だに提供していないこと。PC用の予約ページを閲覧することは可能ですが、如何せん使い勝手が良くない。このあたり、スマートフォン向けのネットサービスは、まだこれからという感じなので、今年中にはスマートフォンの普及とともに解消されることを期待しています。

年末にHTC Ariaを購入し、Androidの世界をようやくのぞけるようになりました。次に狙っているのは、メインの携帯電話(821SH)をスマートフォンに変えるタイミングです。来年の夏くらいには各種ネットサービス(新幹線予約を含む)がスマートフォン対応を終えてくれることを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

モバイル端末の現状と今後の期待

振り返ると飽きっぽい性格が出ていて面白いので、1年のはじまりに、モバイル端末のメモをしておこうと思います。

■現在使っているモバイル端末
以下の4機種を使っており、メインはネット閲覧&PCモデム用のS21HTと通話&メール&新幹線予約用の821SHで、普段はこの2台を持ち歩いています。i780は、前面キーボードが便利なのですが、S21HTと出来ることは同じなので、持ち歩く機会が減りました。EM・ONE は、LOOX Uを購入してからネット閲覧やBluetoothキーボードとのコンビて使う機会が減り、今や読書専用機です。

モバイル端末 特 徴 回線契約
Touch Diamond(S21HT) 薄型軽量のWindows Mobileスマートフォン
(2.8型VGA液晶、キーボードレス、約98g)
イー・モバイル
EM・ONE 通話機能のないWindows Mobile機(4.1型WVGA液晶、スライドキーボード、約250g) イー・モバイル
Samsung i780 前面キーボードを備えるWindows Mobile機スマートフォン(2.55型320x320液晶、約120g) 回線契約なし
(SIMなし)
SoftBank 821SH いわゆる普通の携帯電話(約100g) ソフトバンク

通信費用は、イーモバイルが約6千円/月、ソフトバンクが約2千円/月で、トータル約8千円/月かかっています。まもなくEM・ONEの契約から丸2年が経過しますので、千円安くなり、約7千円/月になる予定。

なお、S21HTが故障したときのバックアップとしてEMONSTERは手放していません。

■モバイル端末でやっていること
2009年4月に書いたことから、それほど変わっていませんが、メイン機がEMONSTERからS21HTなったことでちょこっと変化しています。

  1. すきま時間にネット閲覧
    VGA液晶のS21HTとなり、2ch(q2chwm)の閲覧と同じくらいNetFront Browser v3.5でのネットブラウズをするように。また、Gmailの閲覧などでは、ユーザIDとパスワードを覚えていてくれて便利なOpera Mobileを使用。なお、RSSの閲覧はたまにするくらい。
  2. スケジュール管理
    前面キーボードを備えるi780&さいすけ2007で運用していた時期もあったが、S21HTにソフトウェアキーボードのgesture10keyを導入してから、S21HT&Offisnail Date+で運用。S21HTでは、さいすけ2007よりOffisnail Date+のほうが使いやすい。
  3. モデム
    ノートPC、i780、EM・ONEからS21HTへ接続。Bluetooth DUNによる利用が主だが、S21HTはバッテリー容量が心許ないため、USB PANを利用する機会が増えている。
  4. 調べもの
    外出先や会議中でも、思い立った時にネットで調べもの。S21HTのVGA液晶の視認性が良いため、以前より利用頻度があがっている。
  5. モバイルGoogleマップ&カメラ
    出張時の現在位置およびルート確認。 カメラは、EMONSTERより写りが悪いので、利用頻度が低下。

なお、EMONSTERはたまに電話として使っていましたが、S21HTは電話として使っていません。以前は、EMONSTERだけを持ち歩いている時間がありましたが、S21HT&821SHはともに薄型軽量なので、たいていの場合2台とも持ち歩いており、S21HTを電話として使う機会はありませんでした。モバイル端末は、気軽に持ち歩けるサイズであることが第一条件だなと改めて実感した次第です。

■今後のモバイル端末に期待するもの
「今やっていることを1台で済ませたい」
期待しているものは、この一言に尽きます。現在は、携帯電話(821SH)とPDA兼モデム(S21HT)とに機能を分けた2台体制ですが、モバイル端末は必ず持ち歩くコンパクトな1台でたいていのことができることが私の理想です。スマートフォンが世界的に延びているおかげで、自分の理想にかなり近いところにまで環境が整いつつありますが、携帯電話として見ると個人的にスマートフォンには今一歩足りないところがあるので、ハード及びソフトについて、以下の点がクリアされることを期待しています。

  • 通話とメールの着信通知(LEDランプの継続点灯)
    ソフトバンク回線での通話用にi780の使用を試みて断念した理由がこの点です。821SHでは、通話もしくはメールの着信があった場合、端末に触れなくてもLEDランプが常時点滅して着信があったことを通知し続けてくれますが、i780ではソフトを入れても継続点灯で通知させることができませんでした。iPhoneも同様だとか。私は、周りに迷惑が及ばないように音やバイブを控えめにしていて着信時に気づかないことが多く、いちいち端末に触れないと着信の有無を確認できないのは不便なのです。
  • PC接続も含めてリーズナブルな料金に
    スマートフォン単体でならば、ドコモやソフトバンクでも、そこそこリーズナブルな価格でインターネットが使い放題になっています。ところが、そのスマートフォンを経由してPCでインターネットをすると、ドコモは13,650円/月かかり、ソフトバンクは天井知らずの料金となります。これが1万円以内になってくれると助かります。
    なお、イー・モバイルは今でもPC接続を含めて使い放題ですが、通話用としてはエリアに不安があります。また、特殊な周波数帯を使っているので、端末の選択肢が限られるという点でも期待が持てません。
  • 新幹線予約ページの対応
    JR東海には、スマートフォンで利用しやすい新幹線予約ページを提供してもらいたいです。iphoneでは、専用アプリが出ていますが、通常の携帯電話向けページほど使い勝手が良くないようです。また、ソフトバンク回線では、Windows Mobile機でwasabiを使えば通常の携帯電話向けページが利用できますが、iPhoneなどのWindows Mobile以外のスマートフォンが普及してきているので、どんなスマートフォンからも使いやすい新幹線予約ページの提供を期待しています。

こうやって書き出してみると、あと一歩のところまで来ているなという感じがしますが、今年は私の期待にどこまで近づくでしょうか。楽しみです。

続きを読む "モバイル端末の現状と今後の期待"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月31日 (木)

2009年もたくさん買いました

2008年の総括で「来年こそは物欲をおさえねば・・・。」と書いたにもかかわらず、2009年も携帯、PC、その周辺機器をたくさん買ってしまいました。「すきま時間の活用」ではなく、すきま時間にいろんな機器を触って遊びたいという本音がそのまま買い物結果に現れています・・・。

モバイル通信の主役は、EMONSTERからS21HTに変わりました。その弱点である入力性の低さを補うため、前面キーボード付きのi780を併用していた時期もありましたが、gesture10keyの導入によりスケジュールの入力程度なら困らなくなり、現在ではほとんどS21HTと携帯電話(821SH)だけを持ち歩くことが多いです。また、S21HTはバッテリー容量が心許ないため、PCのモデムとして利用する際に、Bluetooth DUN接続よりUSB接続で使う機会が増えています。iPhoneには今でも心惹かれていますが、新幹線予約の使い勝手があまり良くないようなので、購入に踏み切れないでいます。

モバイルPCの主役は、Eee PC 901-XからLOOX Uに変わりました。軽くてコンパクトなので、当初の目論見通り、「使わないかもしれないけど、とりあえずPCを持っていこう」という使用シーンで活躍しています。Eee PC 901-Xは、宿泊を伴う出張なので、しっかりPCを使うことが予想される場合に持っていきます。こちらの用途については、ごく最近買ったAspire1410が取って代わるかもしれません。

モバイル周辺機器は、折りたたみbluetoothキーボードを新調しました。Stowaway Bluetooth キーボードから数字キーが独立しているRBK-2100BTJへの変更で、新幹線でLOOX Uと組み合わせて使うことが多いです。また、bluetoothヘッドセットを導入しました。買ったのはVoyager 855(輸入品)で、これも新幹線の中やプラットフォームなど通話音が聞き取りにくい場所で便利に使っています。

自宅のPC機器は、液晶モニタとメインノートPC、ドキュメントスキャナを新調しました。液晶モニタは、7年くらい使ったSHARPの16インチSXGAモニタ(当時約8万円)から24インチのフルHDモニタ(約2万円)への変更です。液晶モニタは本当に安くなりました。メインノートPCは、Windows 7の発売キャンペーンで安さに釣られ、ThinkPad R400を直販カスタマイズで買いました。こちらは不慣れなWindows 7を設定している時間がなかなか取れず、T42からメインノートPCの座を移行できていません。ドキュメントスキャナーは、論文整理のためにキヤノン imageFORMULA DR-2510Cを導入しました。取り込むと同時にOCRをして透明テキスト付きPDFが出来上がるのはとっても便利なので、より小型のDR-150まで欲しくなっています。

  2008年末 2009年末現在
PDA端末 EMONTER(S11HT) Touch Diamond(S21HT)
(Samsung SGH-i780)
通信手段 イー・モバイル
(最大3.6Mbps)
イー・モバイル
(最大7.2Mbps)
携帯電話 SoftBank 821SH SoftBank 821SH
ノートPC Eee PC 901-X
(Atom 1,6GHz/2GB/1.1kg)
VAIO Type U VGN-UX50
(Pen-M 1.06GHz/512MB/0.52kg)
ThinkPad T42
(Pen-M 1.7GHz/1GB/2.25kg)
HP Notebook nc4000
(Pen-M 1.4GHz/512MB/1.58kg)
Eee PC 901-X
(Atom 1,6GHz/2GB/1.1kg)
LOOX U/C30
(Atom 1,33GHz/1GB/0.565kg)
ACER Aspire 1410
(Celeron-Dual 1.2GHz/3GB/1.38kg)
ThinkPad R400
(C2D 2.4GHz/4GB/2.5kg)
 

ThinkPad T42

(Pen-M 1.7GHz/1GB/2.25kg)
HP Notebook nc4000
(Pen-M 1.4GHz/512MB/1.58kg) 
デスクトップPC
(母艦)
Aspire L3600
(Core2Duo 2.66GHz /2GB)
Aspire L3600
(Core2Duo 2.66GHz /2GB)
液晶モニタ SHARP LL-T1620
(16inch/1280x1024)
LG電子 FLATRON W2442PA-BF
(24inch/1920x1080)

なお、比較的大きな買い物をした時期を振り返って見ると、5~6月にPDA端末を2台(S21HT、i780)と液晶モニタ、9~12月にノートPCを3台(LOOX U/C30、ThinkPad R400、Aspire 1410)と集中しています。これらの時期はストレス満載の仕事にほとんど休日もなく従事していたので、「自分へのご褒美」という言い訳が後押しになっていました。だからお金が貯まりません・・・。

続きを読む "2009年もたくさん買いました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

Touch Diamond(S21HT) &Samsung SGH-i780

4月の記事でにEMONSTERで1年!「iPhone」「Touch Diamond」に行かずと言っていたのに、今はそのTouch Diamond(S21HT) とSamsung SGH-i780を使っています。「トータルとしての満足度が高い」と評していたEMONSTERは引き出しの中に・・・。
ind_img_04i780
Touch Diamond(S21HT) Samsung SGH-i780

最初に買ったのがSIMフリーのi780。821SHに代えてソフトバンクのSIMで利用するつもりでした。i780は、2.55型(320x320)液晶と前面キーボードを備えるストレート型のWindows Mobileスマートフォンで、200万画素カメラ&無線LAN&bluetooth&GPS付き、高速CPUなのにバッテリの持ちが良く、しかも比較的軽量(約120g )という素晴らしい端末です。難点を言えば、一般的な5wayキーではなくオプティカルカーソール(別名ヌルヌルカーソール)による操作が独特なところくらいです。このような高機能スマートフォンが、円高の影響もあってなんと新品が約3万円だったので、我慢しきれずに手を出してしまいました。

i780はWindows Mobile端末であるということで、ソフトバンクの通信費を節約するために、EM・ONEと同様、EMONSTERにBluetooth DUNで接続できるように設定しました(ただしmobachiki様によるレジストリ情報の設定がうまくいっていない)。ところが、実際使ってみるとi780(約120g)&EMONSTER(約190g)は重く、EMONSTERは厚さが19mmもあるので胸ポケットの中でかさばります。そこで、厚さ11.9mmで約98gのS21HTが欲しくなり、約2万5千円の中古で購入と相成りました。

i780(約120g)&S21HT(約98g)は、2台でほぼEMONSTER(約190g)相当の重さなので、胸ポケットに2台入れていても、なんとか許容範囲です。ただ、i780は電話機として不便な点があったので(メールや音声の着信があった時にLEDランプを点灯し続ける方法が見つけられなかった)、ソフトバンクのSIMは821SHに戻し、i780(SIMなし)&S21HT(イー・モバイル)&821SH(ソフトバンク)が現在の体制となっています。

この調子だとiPhoneにも手を出してしまいそうですが、iPhoneは専用SIM&専用プランということで、i780のように電話として不便な点があっても戻れないので踏みとどまっています。

続きを読む "Touch Diamond(S21HT) &Samsung SGH-i780"

| | コメント (0) | トラックバック (0)