Eee PC 901

2009年12月31日 (木)

2009年もたくさん買いました

2008年の総括で「来年こそは物欲をおさえねば・・・。」と書いたにもかかわらず、2009年も携帯、PC、その周辺機器をたくさん買ってしまいました。「すきま時間の活用」ではなく、すきま時間にいろんな機器を触って遊びたいという本音がそのまま買い物結果に現れています・・・。

モバイル通信の主役は、EMONSTERからS21HTに変わりました。その弱点である入力性の低さを補うため、前面キーボード付きのi780を併用していた時期もありましたが、gesture10keyの導入によりスケジュールの入力程度なら困らなくなり、現在ではほとんどS21HTと携帯電話(821SH)だけを持ち歩くことが多いです。また、S21HTはバッテリー容量が心許ないため、PCのモデムとして利用する際に、Bluetooth DUN接続よりUSB接続で使う機会が増えています。iPhoneには今でも心惹かれていますが、新幹線予約の使い勝手があまり良くないようなので、購入に踏み切れないでいます。

モバイルPCの主役は、Eee PC 901-XからLOOX Uに変わりました。軽くてコンパクトなので、当初の目論見通り、「使わないかもしれないけど、とりあえずPCを持っていこう」という使用シーンで活躍しています。Eee PC 901-Xは、宿泊を伴う出張なので、しっかりPCを使うことが予想される場合に持っていきます。こちらの用途については、ごく最近買ったAspire1410が取って代わるかもしれません。

モバイル周辺機器は、折りたたみbluetoothキーボードを新調しました。Stowaway Bluetooth キーボードから数字キーが独立しているRBK-2100BTJへの変更で、新幹線でLOOX Uと組み合わせて使うことが多いです。また、bluetoothヘッドセットを導入しました。買ったのはVoyager 855(輸入品)で、これも新幹線の中やプラットフォームなど通話音が聞き取りにくい場所で便利に使っています。

自宅のPC機器は、液晶モニタとメインノートPC、ドキュメントスキャナを新調しました。液晶モニタは、7年くらい使ったSHARPの16インチSXGAモニタ(当時約8万円)から24インチのフルHDモニタ(約2万円)への変更です。液晶モニタは本当に安くなりました。メインノートPCは、Windows 7の発売キャンペーンで安さに釣られ、ThinkPad R400を直販カスタマイズで買いました。こちらは不慣れなWindows 7を設定している時間がなかなか取れず、T42からメインノートPCの座を移行できていません。ドキュメントスキャナーは、論文整理のためにキヤノン imageFORMULA DR-2510Cを導入しました。取り込むと同時にOCRをして透明テキスト付きPDFが出来上がるのはとっても便利なので、より小型のDR-150まで欲しくなっています。

  2008年末 2009年末現在
PDA端末 EMONTER(S11HT) Touch Diamond(S21HT)
(Samsung SGH-i780)
通信手段 イー・モバイル
(最大3.6Mbps)
イー・モバイル
(最大7.2Mbps)
携帯電話 SoftBank 821SH SoftBank 821SH
ノートPC Eee PC 901-X
(Atom 1,6GHz/2GB/1.1kg)
VAIO Type U VGN-UX50
(Pen-M 1.06GHz/512MB/0.52kg)
ThinkPad T42
(Pen-M 1.7GHz/1GB/2.25kg)
HP Notebook nc4000
(Pen-M 1.4GHz/512MB/1.58kg)
Eee PC 901-X
(Atom 1,6GHz/2GB/1.1kg)
LOOX U/C30
(Atom 1,33GHz/1GB/0.565kg)
ACER Aspire 1410
(Celeron-Dual 1.2GHz/3GB/1.38kg)
ThinkPad R400
(C2D 2.4GHz/4GB/2.5kg)
 

ThinkPad T42

(Pen-M 1.7GHz/1GB/2.25kg)
HP Notebook nc4000
(Pen-M 1.4GHz/512MB/1.58kg) 
デスクトップPC
(母艦)
Aspire L3600
(Core2Duo 2.66GHz /2GB)
Aspire L3600
(Core2Duo 2.66GHz /2GB)
液晶モニタ SHARP LL-T1620
(16inch/1280x1024)
LG電子 FLATRON W2442PA-BF
(24inch/1920x1080)

なお、比較的大きな買い物をした時期を振り返って見ると、5~6月にPDA端末を2台(S21HT、i780)と液晶モニタ、9~12月にノートPCを3台(LOOX U/C30、ThinkPad R400、Aspire 1410)と集中しています。これらの時期はストレス満載の仕事にほとんど休日もなく従事していたので、「自分へのご褒美」という言い訳が後押しになっていました。だからお金が貯まりません・・・。

続きを読む "2009年もたくさん買いました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

スタンバイ状態のEeePC 901-XでEMONSTERを充電

東京出張の行きの新幹線で、EeePC 901-XとEMONSTER(Bluetooth DUN利用)で1時間半みっちりとネットをしたためEMONSTERのバッテリ残量が心許なくなってしまいました(前日の充電をさぼっていたので・・・)。帰りの新幹線での利用を想定するとEMONSTERを充電しておきたいところです。

そこで、1時間半使っても残り5時間半と表示されているスタミナ十分のEeePC 901-Xを使ってEMONSTERを充電することにしました。こういう時、EeePC 901-Xはスタンバイ状態でもUSBから給電できるので便利です。新幹線を降り在来線での移動中に、鞄の中でスタンバイ状態のEeePC 901-XにEMONSTERを巻き取り式USBケーブルで接続しておくだけで充電完了です。

EeePC 901-Xの良さは、なんと言っても、スタミナに尽きます。

続きを読む "スタンバイ状態のEeePC 901-XでEMONSTERを充電"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月31日 (水)

EMONSTERを中心にモバイル環境を一新した年

2008年を振り返ってみると、イー・モバイル加入で手に入れた高速通信をいろんな形で活用したい欲求に駆られた一年でした。その欲求(物欲)にほとんど負け続けた結果、私のモバイル環境は一新(下表)。ベッドサイド専用機となっているHP Notebook nc4000以外は、すべて今年購入したものです。

今年のはじめまで、モバイル環境の中心はZaurus SL-C860bitWarp PDAのコンビでした。このコンビは、外出先でもインターネットにアクセスして色々できる便利なツールとして約4年間活躍してくれましたが、最近のインターネットのリッチコンテンツ化の流れの中では、最大128Kbpsという低速通信では、できることの限界を多く感じるようになります。

そこで、最大3.6Mbpsの高速通信に憧れて、今年の3月EM・ONEでイー・モバイルへの加入を決心しました。しかも、4月にはEMONSTERまで購入しました。このEMONSTERのBluetooth DUNがとても便利で、無線で簡単に接続できて、通信速度もウェブブラウズには十分、しかもEMONSTER側もPC側も消費電力が小さいと、モバイル用途には申し分ない便利さです。

想定外だったのは、ThinkPad T42を1月に購入後、モバイルPCとして使っていたHP Notebook nc4000の液晶のヒンジが劣化して折れてしまったことです(現在は、自立できない液晶をベットサイドで壁に立て掛けて使っています。)。結局、EMONSTERのBluetooth DUNの便利さを活用したいという欲求に負けて、VAIO Type UにEee PC 901-Xとモバイル専用にノートPCを2台も買ってしまいました。

また、モバイル関連の周辺機器についても、Bluetoothキーボード、Bluetoothマウス、Bluetooth USBアダプタなどを購入しました。他に、自宅のPC周りについて、母艦のデスクトップPCの入れ替え、1TBのNASの導入、ギガビットイーサネット対応のスイッチングハブの導入、PC切替機の入れ替えなども今年行いました。なんか一通り、PC及びその周辺機器を更新してしまった感じです。

来年こそは物欲をおさえねば・・・。

  2007年まで 2008年末現在
PDA端末 Zaurus SL-C860 EMONTER(S11HT)
通信手段 bitWarp PDA
(最大128Kbps)
イー・モバイル
(最大3.6Mbps)
携帯電話 SoftBank 705NK SoftBank 821SH
ノートPC HP Notebook nc4000
(Pen-M 1.4GHz/512MB/1.58kg)
Eee PC 901-X
(Atom 1,6GHz/2GB/1.1kg)
VAIO Type U VGN-UX50
(Pen-M 1.06GHz/512MB/0.52kg)
ThinkPad T42
(Pen-M 1.7GHz/1GB/2.25kg)
HP Notebook nc4000
(Pen-M 1.4GHz/512MB/1.58kg)
デスクトップPC
(母艦)
自作デスクトップ
(Celeron 2,4 GHz/768MB)Acer
Aspire L3600
(Core2Duo 2.66GHz /2048MB)

続きを読む "EMONSTERを中心にモバイル環境を一新した年"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

Eee PC 901-X 約1ヶ月レビュー

Eee PC 901Eee PC 901-X購入から約1ヶ月が経過したのでレビューを書いてみる。既にEee PC 901-16Gが発売されているので今更ですが、SSD以外に違いはないので・・・。

■デザイン
 黒(ファインエボニー)を選択。鏡面仕上げの黒は指紋が目立つものの、白(パールホワイト)だと、キーボードの汚れが気になる、額縁が黒のほうが液晶が見やすい気がする、というのが黒の選択理由。 高級感はないけど、おもちゃっぽくもない。個人的には会議で使っても構わないかなと思う。

■重さ
 1.1kgはモバイルPCとして合格点。ちょっと重い部類に入るがバッテリ容量が大きいためだがら納得。ただ、面積が小さいので、持ってみると重く感じる。価格を考えると現時点でベターな重さだと思うが、将来的には、このサイズ・値段で0.9kg程度のネットブックが発売になってくれると嬉しい。

■サイズ
 高さ39mmはモバイルPCとして厚いと感じる。幅225×奥行き175.5mmは、プライベートで使う小さめのバックにも収まるという点で便利。ビジネスバックへの収まりはA4程度の面積になっても薄いほうが有利だけど、プライベートでの携帯性も含めて考えると良いサイズだと思う。ビジネスバックでも、横にペンケースや周辺機器を入れるので、実はそれほど悪くないサイズ。

■液晶
 8.9型のノングレア液晶は必要十分といっった感じ。グレア液晶のような表示の美しさはないが、十分見やすいし、バックライトが明く調整が効くところが気に入っている。
 8.9型と1024×600表示の組み合わせは妥当なところという印象。10型以上になるとXGA(1024×768)表示以上でないと物足りない。ネットトブラウズを快適にするためには最低でも縦768は欲しいところだが、低価格を実現するために今は1024×600という制限があるらしいので、8.9型でバランスが取れている、という現状だと思う。
 約1kgで10型以上+XGA(1024×768)表示以上の液晶を搭載したネットブックが発売になったら買い換えを我慢できないかも。

■キーボード
 携帯性を重視したモバイルPCとしては、必要十分のキーボードだと思う。私は、シグマリオンⅡを使っていたので、十分にブラインドタッチが可能。キー配列がほぼ標準なのが◎。「半角/全角」キーが特殊な位置なので、「無変換」「ひらがな」キーにIMEのON/OFFを割り当てている。強いて要望をあげると、アルファベットキーよりも小さめになっている「-」「,」「.」及び「Back Space」キーは、利用頻度が高いのでもう少し大きめが良かった。その分、アルファベットキーを少々小さくしてもブラインドタッチに支障はないでしょう。
20081215_2    20081215_3
<左がシグマリオンⅡ、右がEee PC 901-X>

■マウスパッド
 タッチパッドのサイズが大きい点は◎。ただし、キーボードの操作中にマウスパッドに触れてしまうことが多いので、最新のタッチパッドドライバーの導入は必須。
 二本指による操作は△。慣れの問題かもしれないが、二本指による操作より、ゾーンで右クリックやスクロールを区別するほうが使いやすいと思う。一本指で操作しているのに、いちいち二本目の指をマウスパッド上に持ってくるほうが動作が大きくなって効率が落ちる感じが・・・。

■バッテリ駆動時間
 Eee PC 901-Xの最大の利点。バックライトの明るさを控えめにして使用すれば5時間は使えるので、一日の出張・外出なら安心して使えるし、ACアダブタもかなり小さいので泊まりの出張時に助かります。
 本当に、びっくりする程バッテリが持つので、他の欠点があっても目をつぶれます。

■処理速度・SSD
 CPU性能は、主な用途であるウェブブラウズには必要十分です。動画再生も余程重たいものでなければ普通に見られます。CドライブのSSD容量が4GBと少ない点は、対策が必要なので手間ではあるが対応可能なので大きな問題とは感じませんでした。一方で、SSDの書き込み速度が遅いことから発生するフリーズのほうが使い勝手の点で気になりました。この問題もEWFを導入することで回避できましたが、高速・大容量の交換用SSDが発売されると嬉しいです。なお、メモリは標準の1GBでも不満はありませんが、今は安いので2GBにすることをお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月30日 (日)

Eee PC 901-XにEWFを導入 Firefoxが快適に!

Eee PC 901-16Gをうらやましいと思いながらも、安く購入できたEee PC 901-Xを快適に使うための手立てを講じることに。

特に気になっているのは、Firefoxが起動してから操作できるまでに若干時間がかかるところです。主な用途が外出先でのネットブラウズなので、思い立ったときにFirefoxが直ぐに使えることは重要なのです。メモリを2Gに増設しましたが、この点は改善されませんでした。

そこで、次なる手立てとして、EWF(Enhanced Write Filter)の導入にチャレンジしました。EWFとは、ドライブへの書き込み内容をシステムメモリ上に蓄える機能で、蓄えた内容は後でまとめてドライブに反映させることもできます。

導入は「ゼロから始めるEee PC-Windows XPをEee PCに最適化する」を参考にさせていただきました。また、「セキュリティ屋の独り言: EeePC 901 EWF化」のレジストリファイルを利用させていただきました。結構難しいことをしなきゃいけないと思って導入を躊躇していたのですが、先輩たちの成果のおかげで、意外と簡単に感じました。いつもながら、感謝の気持ちで一杯になります。

導入の結果は・・・、めちゃ快適です。Firefoxは起動して直ぐに操作できます。これだけ快適ならば、高速SSDじゃなくても別に構わないかも。これで、この後もEee PC 901-16GEee PC S101の購入を我慢できるかもしれません。

なお、ドライブに蓄積した書き込み内容を反映させる際に、いちいちコマンドプロンプトで「ewfmgr c: /commit」と打ち込むなんて面倒だなと思っていたら、「EWFtool」という便利なソフトがありました。Windowsの終了時にEWFで蓄積した書き込み内容をドライブに反映したり、EWFで使う容量の上限値を設定したりできます。おすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

Eee PC 901-16Gが発売 SSDが16GBに しかも高速

本日、SSDが16GBになったEee PC 901-16Gが発売されました。Eee PC S101が発売されたばかりだったので、先日の記事(Eee PC 901 GO ~901-XのSSD大容量モデル~)で発売の可能性に触れたものの、早くても12月末から1月頭だと思ってました。よもや前日発表で発売してくるとは・・・。

Eee PC 901-Xからのグレードアップの中身は、Eee PC S101の利点を取り込んで、SSDが16GBの1ドライブ化、OSの起動を高速化するXpressPathの採用です。バッテリ駆動時間が8.3時間から8.1時間に減少していますが、Eee PC 901-Xの不満点をしっかり潰しています。しかも、16GBになったSSDは、Eee PC S101と同じ新型の高速MLCの模様。Eee PC 901-Xを使っていて若干待たされることがあるので、高速SSDはかなりうらやましいです。価格も、既に5万円くらいのところも。

Eee PC 901-Xを購入してから1ヶ月も経っていないので、さすがに手を出さないつもりですが、ASUSには、16GBの新型SSDと対応BIOSを出してもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

Eee PC 901-X あまりに安いのでメモリを2Gに増設

Eee PC 901-XのOSはWindows XPなので、実際に使ってみても、メモリは標準の1Gで必要十分と感じました。

ですが・・・、いつもお世話になっている上海問屋さんのホームページをのぞいてみると、2Gのノート用メモリが2千円代前半とあまりにも安い。ここまで安いと「とりあえず2Gにしとけ」という気持ちになります。

【楽天市場】[送料\210~]キングストン ノートパソコン用メモリ:[相性保証付] Kingston SODIMM DDR2 PC2-5300 2GB [メ1]:上海問屋

20081124_1 ※こんなパッケージで届きました。

注文して2日後に到着。さっそく「メモリ交換なんて簡単さ」と何も調べず作業をしたら思わぬところではまりました。

 メモリ交換後、Windowsを起動してもOSは1Gしか認識していない。

これは初めての経験でした。訳が分からずに、交換したメモリを取り出して確認してみても、ちゃんと2Gと表記があります。

20081124_2
※上がEee PC 901-Xについていたメモリ、下が交換したメモリです。

しばらく悩んだあげく、基本にかえってBIOSのメモリ認識を確認することに。ちゃんと2Gと認識しています。Windowsが悪いのか?32ビットの限界を超えてないのにBIOSとOSでメモリの認識容量が違うなんて意味が分からん。と諦めかけてWindowsを起動すると、今度は何故かOSも2Gと認識していました。どうやら、

 メモリ交換したら1度BIOSを起動させるべし

ということだったようです。この後、ネットを検索してみたら、いくつかのブログに書いてありました。一人で悩まずに、さっさと検索すれば良かった・・・。

メモリを2Gに交換した後のEee PC 901-Xですが、Firefoxしか使っていないせいか違いはあまり実感できていません。それでも、メモリは多いほうが快適にできる作業が増えることは確かなので、今の価格ならとりあえず2Gに増設というのもありでしょう。

 20081124_3
※黒いフィルムを持ち上げるとメモリが見えます。シールで張ってある訳ではないので封印を破るという感じではありません。ご安心を(私は誤解していた・・・)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

Eee PC S101のバッテリ駆動時間 4.6時間 改め 6.0時間

Eee PC S101のバッテリ駆動時間が、約4.6時間から約6.0時間に訂正されました。約4.6時間というのは、JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver1.0)より厳しい基準で測定したものだったそうで、ITmediaの記事のテストでバッテリ駆動時間が1000H-Xを上回り、901-Xに迫る結果だったのも、公称6.0時間ならばうなずけます。

製品名 重量 液晶 消費電力 バッテリ容量 バッテリ駆動時間
901-X 1.1kg 8.9型 最大約36W 6600mAh 約8.3時間
1000H-X 1.45kg 10型 最大約36W 6600mAh 約6.9時間
S101 1.06kg 10.2型 最大約11.21W 4900mAh 約6.0時間

私としては、S101が発売間近にもかかわらず、901-Xに飛びついたのは最長約8.3時間のバッテリ駆動時間に惹かれたからなので、901 GOの噂に引き続き、微妙な気持ちになっています。

モバイルPCとして考えるならばバッテリ駆動時間は少しでも長い方が良いに決まっています。ただ、実働で4~5時間程度ならば、新幹線で名古屋-東京間の往復時にも安心して使うことができますので、私にとって通常必要となる条件は十分満たしている長さです。それでいて、S101は高速SSDでキーボードが使いやすいサイズなのですから、本格的な年末商戦に突入してもうちょっと安くなればネットブックの中ではベストな選択肢でしょう。(でも、今のS101の価格なら中古のLet's noteにも惹かれてしまいます。液晶がXGAというのは非常に大きなアドバンテージなので。)

まあ、901-Xは安かったし、プライベートで普段持ち歩いているバックにギリギリ入るサイズというメリットも発見したので気に入っています。

<参考>
実は“6時間”でした:ASUS、Eee PC S101のバッテリー駆動時間を訂正 - ITmedia +D PC USER
性能、温度、騒音、スタミナは?:“華麗なるミニノート”――ASUS「Eee PC S101」の真価を問う(後編) (3/3) - ITmedia +D PC USER

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

Eee PC 901-XのブラウザもFirefox3

以前MACを使っていた時期にWindowsとMACと同じ操作性でネットブラウズするために導入して以来、Firefoxをメインのブラウザとしてい使っている。

アドオンを追加することで自分にあった操作性を実現できるところが気に入っており、Firefox 3ではJava Scriptの実行速度やレンダリング速度がかなり早くなって、更に快適にネットブラウズできるようになった。

Eee PC 901-Xでは、Opera 9.6も試してみたが、Firefoxに慣れ親しんだ私にとっては使いにくかったうえに、思ったよりも軽くなかったことから、結局今は使い慣れたFirefox 3.04を使っている。ただ、Firefoxは起動してから操作できるまでに若干時間がかかるところに不満がある。対処方法はないのだろうか・・・。

Firefoxで導入するアドオンは、Eee PC 901-Xの場合、できるだけ少ないほうが良いと思っている。そこで、私にとって欠かせいない以下のアドオンを選んで導入した。

Foxmarks 
 複数のPCのブックマークを同期してくれるアドオン。普段から複数のPCを使い分けているので欠かせない。

Easy DragToGo
 選択したテキスト、リング及び画像をドラッグ操作に各種機能を設定できるアドオン。主に、選択したテキストの下ドラック操作でGoogle検索するようにして使っている。これができないブラウザに乗り替える気にはなれないくらい私にとっては必須機能。

Linkification
 URL等のテキストをクリック可能なリンクに変換してくれるアドオン。Bloglines BetaでRSSを閲覧する際に必須。

Zoom toolbar
ツールバーに文字の拡大・縮小のためのボタンを追加してくれるアドオン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

Eee PC 901 GO ~901-XのSSD大容量モデル~

2chで知ったのだが、Engadget Japaneseの記事によると、SSDが1ドライブ16GBに大容量化したEee Pc 901がヨーロッパ(フランスとイタリア?)発売になるらしい。しかも、高速化されたSSDでバッテリーも大容量化されているとのこと。

私が901-Xを発売後すぐに買わずに躊躇したのは、Cドライブが4GBしかないことで手間がかかることが面倒だと感じたことが唯一の理由なので、日本で発売されるならば、まさにベストなモバイルPCが登場しすることになる。つい最近901-Xを購入した私としては微妙な気持ちではあるが・・・。

日本で発売になるのかどうかは今のことを不明のようだが、901-Xのように若干値段が下がってきた事に買ってしまいそう。

<参考>
Eee PC 901にSSD高速化・大容量バッテリーの901GOモデル - Engadget Japanese
Electronista | Eee PC 901 to offer faster SSD, longer battery life

| | コメント (0) | トラックバック (0)