« 2010年4月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年1月

2011年1月 2日 (日)

HTC Aria(S31HT)購入&2週間レビュー

ind_img_01 ■購入    
発売日翌日の12月18日にHTC Aria(S31HT)EMONSTERからの機種変更で購入しました。(Touch Diamond(S21HT)は白ロム購入) 

ネットブラウズと予定管理のメイン機をT-01Aにしていたため、Pocket WiFi(D25HW)を白ロムで購入しようと狙っていたところ、イー・モバイルからHTC Ariaの発売が発表されました。

T-01Aの4.1型WVGA液晶の恩恵を受けていたので、3.2型HVGA液晶という点が気になりましたが、少なくともWiFiルーターとして使えること、あまり使わなくても580円/月で放置できること、そしてAndroidを早く使って見たかったことから思い切って購入に踏み切りました。

Andoroid機は、GALAXY Tabのようなタブレット端末か、T-01Aの代替機を狙っていたのですが、日本メーカーが参入してきたことで、もうちょっと待っていれば通話に使っているメインの携帯電話に出来そうですし、電子書籍の主流サービスがどこになるのかも分からない状況なので、今のところは待つつもりです。(←我慢できないかもしれませんが・・・)

■2週間レビュー      
操作性      
タッチ操作主体の端末としてはちょうど良いサイズで、T-01Aの4.1型液晶では持ち替えなければ片手で届かなかったところが、3.2型液晶のHTC Ariaでは届くので、片手操作がとてもやりやすいです。また、どうしてもタッチしにくい場合でも光学式ポインタが使えて安心です。    
CPU性能は1つ前の世代で決して良くないのですが、HVGA液晶で解像度が高くないためか軽快に動作してくれ、待たされることはほとんどありません。ただ、一世代前のCPUであることで、Netfrontブラウザのように対応しないアプリがあったりするところや、将来のバージョンアップに期待できないところが残念です。

閲覧性      
EMONSTERの時はQVGAによる日本語表示の荒さに耐えられなくなりましたが、HTC AriaはiPhone3シリーズと同じHVGAの3.2型なので必要十分という印象です。    
T-01Aの4.1型WVGA液晶に慣れてしまっていたので耐えられるか不安だったのですが、ウェブブラウズや2ch閲覧程度なら不満はありません。    
ただ、小説や漫画などの読書となると解像度の荒さがも目立ってきて厳しいと思います。このあたりの不満点を解消するためには、閲覧用にタブレット端末を購入するか、もう少し大型のAndroid携帯電話を購入するかの選択になると考えているのですが、どちらが自分にベターなのか思案中です。

日本語入力      
AndroidはIMEが切り替えられるところもiPhoneにない魅力の一つです。HTC Ariaの標準IMEもそこそこ使いやすかったのですが、現在はATOKを使っています。インストールにはb-mobileのSimを使いました。ATOKはフリック入力も魅力的ですが、アルファベットと数字キーが切り替えずに入力できるキーボードが特に気に入っています。    
なお、Graffitiが使えたことは元Palmファンとしてはうれしかったです。でも、片手のタッチ操作でGraffitiは使わないですね。

バッテリー      
アプリ探しや設定を頻繁にやっているので、普段使いでどれだけバッテリーが持つかはまだよく分かりません。ただ、何も使っていなくても結構減っている時があるのが気になっています。まだAndroidに慣れていないので、現在常駐しているプロセスの調査をぼちぼちとやっています。

以上、HTC Ariaは大型液晶による閲覧性よりは片手での操作性にメリットがある端末です。よくあるスペック比較では負けてしますのですが、使いやすさという点では抜群のサイズではないでしょうか。今後、このサイズで液晶以外のスペックが高い端末が出てくれることを期待したくなりました。

■基本スペック      
・OS : Android™ 2.2    
・CPU : Qualcomm MSM7227 600MHz    
・ディスプレイ : 3.2型320×480(HVGA)TFT液晶    
静電容量方式タッチスクリーン(マルチタッチ対応)    
・サイズ : 約57.7(W)×103.8(H)×11.7(D)mm    
・重さ  : 約115g(電池パック装着時)    
・内部メモリ : ROM:512MB/RAM:384MB    
・外部メモリ : microSDHC(32GB)    
・カメラ : 約500万画素(CMOS)オートフォーカス    
・通信 : Bluetooth2.1+EDR、IEEE802.11b/g

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

モバイル端末の現状2011元旦

昨年もやったので、1年のはじまりに、モバイル端末のメモをします。 

■現在使っているモバイル端末
メインは予定管理&ネット閲覧&PCモデム用のHTC Aria と通話&メール&新幹線予約用の821SHです。HTC Ariaは発売日翌日に機種変更で買い、Touch Diamond(S21HT)の代わりに使い始めてまだ2週間程です。それまでは、昨年5月に購入したT-01Aを予定管理&ネット閲覧のメインに使っており、Touch Diamond(S21HT)はほとんどPCモデム専用でした。昨年まで使っていたEM・ONEは解約、Samsung i780はお蔵入りしています。T-01Aは画面の小さいHTC Ariaの補完として読書や写真・動画の閲覧等に使っていますが、HTC Ariaの使い勝手が良いため使用頻度が激減しており、今後お蔵入りする可能性ありの状況です。

モバイル端末 特 徴 回線契約
HTC Aria(S31HT) イー・モバイル初のAndroidスマートフォン
(3.2型HVGA液晶、キーボードレス、約115g)
イー・モバイル
T-01A Windows Mobileスマートフォン
(4.1型WVGA液晶、キーボードレス、約129g)
b-mobileSIM U300
SoftBank 821SH いわゆる普通の携帯電話(約100g) ソフトバンク

通信費用は、イーモバイルが約4,600円/月、b-mobileが約2,300円/月、ソフトバンクが約2千円/月で、トータル約9千円/月かかっています。昨年よりも千円/月高くなっていますが、T-01Aの使い方次第でb-mobileは続けないかも。

■モバイル端末でやっていること
メイン機がS21HTからT-01A、そしてHTC Ariaへと変遷したことで変化がありました。HTC Ariaは使い始めたばかりなので、これからさらに変化すると思います。

  1. すきま時間にネット閲覧
    T-01Aでは、軽量&大きな液晶、かつ高速なCPUということで、S21HTよりもさらにウェブブラウズがメインの使用用途になりました。ブラウザは、S21HTはカーソールキーで操作していたのでNetFront Browserを主に使っていましたが、T-01Aはタッチパネル操作なのでOpera Mobileがメインとなりました。その他、2ch(q2chwm)の閲覧、GmailのIMAPでの閲覧をよくしました。
    HTC Ariaでは、ウェブブラウズ、2ch閲覧、Gmail閲覧が主な用途であることは変わっていませんが、タッチ操作ではWindows MobileひょりもAndroidのほうが使いやすいことを実感しています。使用アプリは模索中です。
  2. スケジュール管理
    T-01Aでは、タッチ操作に適したPocket Informant 9を使ってスケジュールを管理し、Exchangeサーバ(codename)と同期させて運用していました。このソフトは特に時刻の入力がやりやすく気に入っていました。
    HTC Ariaでは、現在ジョルテでスケジュールを管理し、Exchangeサーバ(codename)と同期させて運用しています。ジョルテは、Androidでは他に選択肢がないと思える程の良いアプリですが、 入力に手間がかかるところがあるので、今後に期待しているところです。
  3. モデム
    S21HTでは、T-01Aからの利用も想定して、USB PAN、Bluetooth DUN、WiFiSnap(ルーター化アプリ)での接続を可能としていたが、b-mobile U300で運用していたT-01Aで事足りることが多かったこと、新幹線ではN700系の無線LANを使うようになったことから使用頻度が低くなった。ただし、頻度は低いものの、喫茶店等の外出先で必要となるので手放せない。
    HTC Ariaでは、もちろん、Android2.2標準の無線ルーター機能を使う予定(まだ利用する機会はなし)。
  4. 調べもの
    外出先や会議中でも、思い立った時にネットで調べもの(Google検索)。
    T-01Aでは、大型液晶の視認性が良いため、さらに利用頻度があがったが、タッチ操作での文字入力がもたついたこと、b-mobile U300が低速度であることから、調べ物を躊躇することがあった。
    HTC Ariaでは、 T-01Aに比べて視認性は劣るものの、タッチによる操作性が良いため、調べ物を躊躇する機会が減っている。
  5. モバイルGoogleマップ&カメラ
    出張時の現在位置およびルート確認。
    カメラは、Evernoteと連携してメモとして使う機会が多い。

■昨年モバイル端末に期待したことの結果(私見)
「今やっていることを1台で済ませたい」 と願望と申した昨年の元旦でしたが、私自身の結果は、携帯電話(821SH)+PDA(T-01A)+モデム(S21HT)の3台体制になっておりました・・・。

ただ、Android端末に日本メーカーが国内参戦したことで、私の願望が近い将来実現しそうな予感も増してきました。昨年気になっていた着信通知のランプなど、端末の機能は従来の携帯電話(フィーチャーフォン)と変わらないところまで来たと思います。「PC接続も含めてリーズナブルな料金に」という願望だけは、スマートフォンの普及でさらに回線がひっぱくしているようなので難しそうですが・・・。

残念なのは、新幹線予約が未だスマートフォン用の予約ページを未だに提供していないこと。PC用の予約ページを閲覧することは可能ですが、如何せん使い勝手が良くない。このあたり、スマートフォン向けのネットサービスは、まだこれからという感じなので、今年中にはスマートフォンの普及とともに解消されることを期待しています。

年末にHTC Ariaを購入し、Androidの世界をようやくのぞけるようになりました。次に狙っているのは、メインの携帯電話(821SH)をスマートフォンに変えるタイミングです。来年の夏くらいには各種ネットサービス(新幹線予約を含む)がスマートフォン対応を終えてくれることを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2011年9月 »