« 2009年もたくさん買いました | トップページ | ACER Aspire 1410 購入 »

2010年1月 1日 (金)

モバイル端末の現状と今後の期待

振り返ると飽きっぽい性格が出ていて面白いので、1年のはじまりに、モバイル端末のメモをしておこうと思います。

■現在使っているモバイル端末
以下の4機種を使っており、メインはネット閲覧&PCモデム用のS21HTと通話&メール&新幹線予約用の821SHで、普段はこの2台を持ち歩いています。i780は、前面キーボードが便利なのですが、S21HTと出来ることは同じなので、持ち歩く機会が減りました。EM・ONE は、LOOX Uを購入してからネット閲覧やBluetoothキーボードとのコンビて使う機会が減り、今や読書専用機です。

モバイル端末 特 徴 回線契約
Touch Diamond(S21HT) 薄型軽量のWindows Mobileスマートフォン
(2.8型VGA液晶、キーボードレス、約98g)
イー・モバイル
EM・ONE 通話機能のないWindows Mobile機(4.1型WVGA液晶、スライドキーボード、約250g) イー・モバイル
Samsung i780 前面キーボードを備えるWindows Mobile機スマートフォン(2.55型320x320液晶、約120g) 回線契約なし
(SIMなし)
SoftBank 821SH いわゆる普通の携帯電話(約100g) ソフトバンク

通信費用は、イーモバイルが約6千円/月、ソフトバンクが約2千円/月で、トータル約8千円/月かかっています。まもなくEM・ONEの契約から丸2年が経過しますので、千円安くなり、約7千円/月になる予定。

なお、S21HTが故障したときのバックアップとしてEMONSTERは手放していません。

■モバイル端末でやっていること
2009年4月に書いたことから、それほど変わっていませんが、メイン機がEMONSTERからS21HTなったことでちょこっと変化しています。

  1. すきま時間にネット閲覧
    VGA液晶のS21HTとなり、2ch(q2chwm)の閲覧と同じくらいNetFront Browser v3.5でのネットブラウズをするように。また、Gmailの閲覧などでは、ユーザIDとパスワードを覚えていてくれて便利なOpera Mobileを使用。なお、RSSの閲覧はたまにするくらい。
  2. スケジュール管理
    前面キーボードを備えるi780&さいすけ2007で運用していた時期もあったが、S21HTにソフトウェアキーボードのgesture10keyを導入してから、S21HT&Offisnail Date+で運用。S21HTでは、さいすけ2007よりOffisnail Date+のほうが使いやすい。
  3. モデム
    ノートPC、i780、EM・ONEからS21HTへ接続。Bluetooth DUNによる利用が主だが、S21HTはバッテリー容量が心許ないため、USB PANを利用する機会が増えている。
  4. 調べもの
    外出先や会議中でも、思い立った時にネットで調べもの。S21HTのVGA液晶の視認性が良いため、以前より利用頻度があがっている。
  5. モバイルGoogleマップ&カメラ
    出張時の現在位置およびルート確認。 カメラは、EMONSTERより写りが悪いので、利用頻度が低下。

なお、EMONSTERはたまに電話として使っていましたが、S21HTは電話として使っていません。以前は、EMONSTERだけを持ち歩いている時間がありましたが、S21HT&821SHはともに薄型軽量なので、たいていの場合2台とも持ち歩いており、S21HTを電話として使う機会はありませんでした。モバイル端末は、気軽に持ち歩けるサイズであることが第一条件だなと改めて実感した次第です。

■今後のモバイル端末に期待するもの
「今やっていることを1台で済ませたい」
期待しているものは、この一言に尽きます。現在は、携帯電話(821SH)とPDA兼モデム(S21HT)とに機能を分けた2台体制ですが、モバイル端末は必ず持ち歩くコンパクトな1台でたいていのことができることが私の理想です。スマートフォンが世界的に延びているおかげで、自分の理想にかなり近いところにまで環境が整いつつありますが、携帯電話として見ると個人的にスマートフォンには今一歩足りないところがあるので、ハード及びソフトについて、以下の点がクリアされることを期待しています。

  • 通話とメールの着信通知(LEDランプの継続点灯)
    ソフトバンク回線での通話用にi780の使用を試みて断念した理由がこの点です。821SHでは、通話もしくはメールの着信があった場合、端末に触れなくてもLEDランプが常時点滅して着信があったことを通知し続けてくれますが、i780ではソフトを入れても継続点灯で通知させることができませんでした。iPhoneも同様だとか。私は、周りに迷惑が及ばないように音やバイブを控えめにしていて着信時に気づかないことが多く、いちいち端末に触れないと着信の有無を確認できないのは不便なのです。
  • PC接続も含めてリーズナブルな料金に
    スマートフォン単体でならば、ドコモやソフトバンクでも、そこそこリーズナブルな価格でインターネットが使い放題になっています。ところが、そのスマートフォンを経由してPCでインターネットをすると、ドコモは13,650円/月かかり、ソフトバンクは天井知らずの料金となります。これが1万円以内になってくれると助かります。
    なお、イー・モバイルは今でもPC接続を含めて使い放題ですが、通話用としてはエリアに不安があります。また、特殊な周波数帯を使っているので、端末の選択肢が限られるという点でも期待が持てません。
  • 新幹線予約ページの対応
    JR東海には、スマートフォンで利用しやすい新幹線予約ページを提供してもらいたいです。iphoneでは、専用アプリが出ていますが、通常の携帯電話向けページほど使い勝手が良くないようです。また、ソフトバンク回線では、Windows Mobile機でwasabiを使えば通常の携帯電話向けページが利用できますが、iPhoneなどのWindows Mobile以外のスマートフォンが普及してきているので、どんなスマートフォンからも使いやすい新幹線予約ページの提供を期待しています。

こうやって書き出してみると、あと一歩のところまで来ているなという感じがしますが、今年は私の期待にどこまで近づくでしょうか。楽しみです。

|

« 2009年もたくさん買いました | トップページ | ACER Aspire 1410 購入 »

EM・ONE」カテゴリの記事

EMONSTER」カテゴリの記事

Mobile」カテゴリの記事

i780」カテゴリの記事

S21HT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モバイル端末の現状と今後の期待:

« 2009年もたくさん買いました | トップページ | ACER Aspire 1410 購入 »