« EMONSTERで1年!「iPhone」「Touch Diamond」に行かず | トップページ | Touch Diamond(S21HT) &Samsung SGH-i780 »

2009年9月18日 (金)

LOOX U/C30購入(Viliv S5、工人舎版mbook M1ではなく)

500g以下の超小型PCであるViliv S5(約410g)や工人舎PMシリーズ(工人舎版 mbook M1)(約345g)が気になってネットで色々と調べているうちに、使用シーンの幅が広そうということで、ちょっと大きいFMV-BIBLO LOOX U/C30(約565g)の購入に至りました。

主に新幹線出張時に活躍するモバイルPCとしては、昨年7月に購入したVAIO Type U VGN-UX50昨年11月に購入したEee PC 901-Xの2台を所有しており、以下のような使い分けでしばらく運用していました。

  VAIO Type U Eee PC 901-X
長所 約520gと小型軽量で
気軽に荷物にできる
バッテリの持ちが良い
(実動5時間程度)
短所 バッテリの持ちが悪い
(実動1~1.5時間)
約1.1kgと若干重く大きい
使用シーン 使わないかもしれないけど
ちょっとネットがしたい時
長時間ネットがしたい時
文書作成がしたい時

ところが、最近は、新幹線の片道時間(名古屋-東京、約1.5時間)でさえバッテリが持たないことがあったVAIO Type Uを出張に持っていく気にならず、持っていくならEee PC 901-Xという状況でした。そこで、新幹線の往復時間(3時間ちょっと)くらいバッテリが持つ超小型PCに興味があった訳です。Viliv S5工人舎PMはバッテリの持続時間がカタログ値で6,7時間なので、実動3時間程度は使えそうです。

  VAIO Type Uvaio Viliv S5image028 工人舎PM
b_item01
LOOX U/C30
LOOXU40NNO1
OS XP HOME XP HOME XP HOME XP HOME
CPU PentiumM
1.06GHz
Atom Z520
1.33GHz
Atom Z510
1.1GHz
Atom Z520
1.33GHz
液晶サイズ 4.5インチ 4.8インチ 4.8インチ 5.6インチ
液晶解像度 WSVGA
(1024x600)
WSVGA
(1024x600)
WSVGA
(1024x600)
WXGA
(1280x800)
メモリ 512MB 1GB 512MB 1GB
ストレージ 30G 1.8HDD 32G SSD 16G SSD 60G 1.8HDD
重量 約520g 約410g 約345g 約565g
駆動時間 3.5時間 6時間 7時間 6 時間
備考 スライドキーボード キーボードレス ポインティング
デバイスレス
コンバーチブル

 Viliv S5は、VAIO Type Uからほとんど使えないキーボードを取り除いて更にコンパクトにしたPCということで、その代替機として惹かれました。片手でなんとか持てるコンパクトさが魅力的であるものの、操作は基本的に両手が必要で、机の上に置いて使う場合に使いづらく、キーボード付きのクラムシェル型よりも使用シーンが限られそう・・・。

工人舎PMは、キーボード付きのクラムシェル型であるところに非常に惹かれ、名古屋駅のソフマップに実物を見に行きました。ポインティングデバイスがなく、タッチパネルでの操作はLinux Zaurusの様。HTなしのAtom Z510だがネットをやるくらいなら処理速度に不満はなさそう。キーボードは隣のキーを押してしまいがちであったが許容範囲。問題は180度開かない液晶。両手で持って親指打ちしようとすると、上から液晶をのぞき込むような感じになるが、視野角が狭く視認性が悪い。新幹線の座席にもたれかかって使う際に支障がありそう・・・。

という感じで楽しみながら悩んでネットをしていたら、たまたまLOOX U/C30について書かれているブログが目にとまりました(発売当初は欲しくて仕方がなかったのに、その存在をすっかり忘れてた)。

LOOX U/C30は、キーボード付きのクラムシェル型、しかも液晶がコンバーチブルタイプ、バッテリの持続時間はカタログ値6時間という優れものVAIO Type Uよりも大きいサイズと遅いHDDがマイナス点ですが、新幹線の座席で使う場合でも、机の上に置い使う場合でも使い勝手が良く、バッテリの持ちも良さそうです。しかも、バッテリの持ちに不満が生じれば、カタログ値約11.3時間の大容量バッテリーを1万3千円程度という比較的安価で購入できます(VAIO Type Uの大容量バッテリは3万円超なので購入を諦めた)。また、遅いHDDに耐えられなければSSDに換装も可能です。中古で4万円ちょいのがあったので、いきおいで購入と相成りました。「使わないかもしれないけど、とりあえずPCを持っていこう」という使用シーンで活躍を期待しています。

正直、工人舎PMのコンパクトさには未練があるので、そのうち安くなったら誘惑に負けて、買ってしまいそうです。

|

« EMONSTERで1年!「iPhone」「Touch Diamond」に行かず | トップページ | Touch Diamond(S21HT) &Samsung SGH-i780 »

PC」カテゴリの記事

Mobile」カテゴリの記事

LOOX U」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LOOX U/C30購入(Viliv S5、工人舎版mbook M1ではなく):

« EMONSTERで1年!「iPhone」「Touch Diamond」に行かず | トップページ | Touch Diamond(S21HT) &Samsung SGH-i780 »