« EMONSTERのバッテリ対策にEasyDialを追加導入 | トップページ | HTC Touch Diamond(S21HT)とTouch Pro(E30H) »

2008年9月13日 (土)

EMONSTER 5ヶ月レビュー 気軽に使える多機能デバイス

4月4日に購入してからEMONSTERを約5ヶ月間使用してきたのでレビューを書いてみます。EMONSTERは,すきま時間の活用という枠を超えて活躍してくれています。

■主な使用用途
使用用途はこの5ヶ月間少しずつ変化していて,現在は使用頻度順に並べると以下の通りです。

  1. すきま時間にネット閲覧
    やはり,すきま時間の活用(暇つぶし?)が1番で,画面が小さいことからRSS(pRSSreader)と2ch(q2chwm)の閲覧が中心。RSSと2chの中で気になる情報を見つけたらNetFront Browser v3.5で更に閲覧という使い方をすることが多い。
  2. スケジュール管理
    購入当初はスケジュール管理は画面の大きく閲覧性の良いEM・ONEでと考えていたが,片手操作がしやすい「さいすけ」の導入により,現在ではEMONSTERをメインにスケジュール管理。なお,スケジュールは定期的に携帯(705NK)にも同期。
  3. Bluetoothモデム
    VAIO Type U(VGN-UX50)および EM・ONEからBluetooth DUNにより接続。主に、出張時の新幹線や職場の昼休みのネット閲覧に利用している。また、自宅のYahoo!BB光が不調時にも状況把握に活躍してくれた。
  4. 調べもの
    思い立った時にネットで調べもの。外出先や会議中でも、その場ですぐに答えが得られるメリットは大きい。
  5. モバイルGoogleマップ
    出張時の現在位置およびルート確認。

■メリットとデメリット 
EMONSTERのメリットは、簡単に言うと、高速回線を持ち歩いて多用なかたちで気軽に使える点にあると思います。ポイントは”気軽に”というところです。この気軽さは、

 ・そこそこ軽くて小さい
 ・バッテリの持ちが良い
 ・片手でも両手でも操作性が良い(自分好みにカスタマイズ可能)
 ・PCからの接続性が良い(Bluetooth DUNのおかげ)
 ・どれだけ使っても約6千円(人によっては約5千円)

によるものですが、ここで面白いのは、個々の機能に不満がない訳ではないのにトータルとしての満足度が高いところです。例えば、もっと軽い方が良いなと思いますが、バッテリの持ちが悪くなったり、キーボードの操作性が落ちるのは嫌なので、差し引きして考えて満足できています。改めてこの種のバランスが如何に重要かを思い知らされています。

ただし、トータルとして満足できるためには、致命的なデメリットがないことが前提条件となります。私がEMONSTERにデメリットを感じるのは、主に、

 ・画面解像度が低い(QVGA)
 ・ちょっと重い(一般的な携帯電話と比べると)
 ・電波が届かない場所がある(特に地下)

あたりですが、幸いにして、私にとっては致命的なデメリットにはなっていません。EMONTERの購入をためらっておられる方の中には画面解像度がQVGAであることが理由の方も多いと思います。かく言う私もQVGAの解像度に不安を覚えながらEMONSTERを購入した一人ですが,NetFront Browser v3.5の操作性が良いことがうまくカバーしてくれたおかげで,今はたいしたデメリットとは感じていません。

EMONSTERは,個々の機能に不満点はあるけれど,それでも一通りは何でもこなしてくれて,しかもBluetoothモデム化や無線LANルータ化によって他の機器と連携してモバイルライフを豊かにしてくれる,そんな多機能デバイスです。

|

« EMONSTERのバッテリ対策にEasyDialを追加導入 | トップページ | HTC Touch Diamond(S21HT)とTouch Pro(E30H) »

EMONSTER」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EMONSTER 5ヶ月レビュー 気軽に使える多機能デバイス:

« EMONSTERのバッテリ対策にEasyDialを追加導入 | トップページ | HTC Touch Diamond(S21HT)とTouch Pro(E30H) »