« EMONSTERのROMアップデートを迷う | トップページ | VAIO Type U用にBluetoothマウスを購入 »

2008年7月27日 (日)

EMONSTER 最大の武器「携帯性&高速回線」を発揮する

昨日,父親のノートPC購入を目的に名古屋のビックカメラを訪れました。狙いはCore2 Duo T8100搭載でありながら10万円程度にまで値を下げている日本メーカ製ノートPCです。

事前にビックカメラのネットショップをざっと調べ,目的のノートPCの相場が「約12万円+ポイント20%」と頭にインプットして出かけたのですが,店頭では富士通と東芝は119,800円なのに最有力候補と考えていたNECが129,800円なのです(ポイントはいずれも20%)。NECが「119,800円+ポイント20%」なら即買って帰ろうと考えていたのですが,そもそもネットショップでNECが119,800円だったか記憶が定かでなありません。かといって,帰ってから記憶違いが判明するのも切ない話です。

そこでEMONSTERの出番です。NetFront Browser v3.5を起動し,Googleでビックカメラを検索,調べた結果は記憶のとおり「119,800円+ポイント20%」でした。これを見て,安心して帰路につけました。

20080727_3

今回のように,突然思い立った時にさっと取り出して調べものができることが,EMONSTERの最大の武器だと思います。「気軽に持ち歩けるサイズ」であるから携帯している機会が多く,「イ-・モバイルの高速回線」だからさっと調べて見ようという気になります。以前はZaurusがその役割を担っていたのですが,PHS回線では速度が遅く,気軽にネットで調べものという点ではなかなか活躍できませんでした。(それでも外出先で料金を気にせずにネットが使えるというのは大きなメリットでした。)

なお,実際に購入したのは東芝のノートPCです。帰ってからビックカメラのネットショップで見てNECよりお得な感じが・・・。

20080727_1

|

« EMONSTERのROMアップデートを迷う | トップページ | VAIO Type U用にBluetoothマウスを購入 »

EMONSTER」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EMONSTER 最大の武器「携帯性&高速回線」を発揮する:

« EMONSTERのROMアップデートを迷う | トップページ | VAIO Type U用にBluetoothマウスを購入 »