« 「iPhone 3G」料金プラン発表、導入を断念 | トップページ | VAIO Type U VGN-UX50を購入 »

2008年6月29日 (日)

WILLCOM 03 イルミネーションタッチを体験

ちょっと遅くなってしましましたが、本日、ビックカメラで『WILLCOM 03』(WS020SH)の実機に触れてきました。480×800ドットの3インチ液晶を搭載して約135gという軽量、そしてBluetoothの搭載ということで私にはこのうえなく魅力的な端末です。ただ、一つだけイルミネーションタッチの操作性が気がかりでした。そのイルミネーションタッチの体験の結果は・・・。残念ながら私には合わないようです。慣れの問題もあると思いますが、思ったようにカーソールキーでの操作ができませんでした。隣に実機があったAdvanced/W-ZERO3 [es]がかなり使いやすかったので余計に差が気になってしましました。

どうやら、私にとってはハードキー、特にカーソールキーが使いやすさの重要なファクターであるようです。現在利用頻度が非常に高いEMONSTERも片手で操作するカーソールキーがとても使いやすいのです。一方でEM・OMEのカーソールキーはあまり使いやすくありません。今思えばZaurus(SL-C860)を長く使うことができたのは、キーボード上の上下左右キーが使いやすかったからなのでしょう。なお、705NKのスティックも使いにくいです。こんな私にはiPhoneは向いてないかもしれませんね。(←それでも画面のタッチによるユーザインターフェイスを前提に設計してあるiPhone・iPod touchには、目から鱗が落ちるような体験を期待させるものがあるのです。)

|

« 「iPhone 3G」料金プラン発表、導入を断念 | トップページ | VAIO Type U VGN-UX50を購入 »

Mobile」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WILLCOM 03 イルミネーションタッチを体験:

« 「iPhone 3G」料金プラン発表、導入を断念 | トップページ | VAIO Type U VGN-UX50を購入 »